(1)小型船舶の免許
 ボート・水上オートバイなどの小型船舶を操縦するためには、
 小型船舶操縦士の操縦免許証を受けなければなりません。
 「小型船舶操縦者法」では原則として小型船舶の操縦は免許所持者による
 自己操縦と定めており、無資格者は操縦することができません。

(2)免許の種類
 総トン数20トン未満の小型船舶を操縦することの出来る操縦士の資格は以下のようになっています。
 @一級小型船舶操縦士 …全ての海域を航行することが出来ます。
 A二級小型船舶操縦士 …陸岸から5海里(約9キロメートル)の沿岸のみを航行出来ます。
 B特殊小型船舶操縦士 …水上オートバイのみを操縦できる専用免許です。




※一級・二級(ボート)免許では特殊小型(水上オートバイ)を操縦することは出来ません。
 同様に水上オートバイ免許ではボートを操船することは出来ません。
※二級免許には総トン数を5トン未満に制限した以下の限定免許もあります。
  ・一号限定 …川・湖のみを航行する、
1.5Kw以下の船舶のみ操縦できます。
  ・二号限定 …18歳に満たない二級船舶免許。